目の下のたるみ整形で気になる痛み・腫れ・自然な仕上がりへの配慮として、肌へのダメージが少ない「細い針」、出血と腫れを抑える「高周波orレーザーメス」、表情のバリエーションを確認しながら施術のデザインができる「座った状態での施術」、この3つのポイントに着目。東京にある美容クリニックを33院セレクトし、この3つのポイントいずれかに当てはまるクリニックを調査しました。その結果上記を満たす施術として「脱脂術+脂肪注入」を選び、施術料金が安い順に3院を並べています。※あくまでも施術料金の比較であり、クリニックの優劣をつけるものではありません。

【栄】メディアージュクリニック名古屋院

メディアージュクリニック名古屋院では、ヒアルロン酸や再生医療のW-PRP療法など、切らない目のたるみ取り整形を行っています。そしてこちらでは、メディアージュクリニック名古屋院で行われている目のたるみ取り整形について、特徴や費用、口コミやアフターフォローなどを詳しく紹介しています。

メディアージュクリニック名古屋院の目の下のたるみ整形

メディアージュクリニック名古屋院のキャプチャ

引用元:メディアージュクリニック名古屋院
(https://mediage-nagoya.jp/)

メディアージュクリニック名古屋院で採用されている「切らない目の下のたるみ取り」整形について特徴や費用をまとめました。

目の下のたるみ取り(切らない施術)

  • 費用の目安:130,000円

切らずにヒアルロン酸をたるみの部分へ注入することで、ふっくらとハリのある目元を作り上げます。使用しているヒアルロン酸はボリューマXCとボリフトXC。厚生労働省が承認している安全な品質のヒアルロン酸です。なじみが良いのも特徴で、自然な仕上がりとなるでしょう。特に下まぶたのような皮膚が薄い部分とも相性が良いので、注入後でも異物感を感じにくくなります。[※1]

W-PRP療法(切らない施術・再生医療)

  • 費用の目安:170,000円

自分の細胞を活性化させることで、目の下のハリを取り戻したるみを解消に導いてくれる方法です。再生医療の一つで、最近最も注目されている治療でもあります。特に切開をする必要もなく、注射のみで完結するのでダウンタイムも2日から3日ですみます。1週間あれば赤みが出た方も治り、赤みが目立つ方も化粧で隠すことが可能です。ヒアルロン酸とは違い吸収されるものではないので、1年から2年は効果が持続するそうです。[※2]

メディアージュクリニック名古屋院のアフターフォロー

メディアージュクリニック名古屋院では、施術前のカウンセリングだけではなく、施術後もしっかりとアフターフォローを行ってくれます。どんな施術にも受けた後は不安や気になることが出てくるもの。考え続けるとストレスになり、お肌の状態も悪くなってしまいます。ストレスコントロール重視のクリニックでもあるので、メディアージュクリニック名古屋院ではストレスのないようにきちんとフォローしてくれるでしょう。

メディアージュクリニック名古屋院の特徴

最新機器を投入することにより、新しい技術での治療を受けることができるメディアージュクリニック名古屋院。フォトフェイシャルの進化版でもあるBBLや、自身の細胞を自分で活性化させることができる再生医療のW-PRP療法など、手軽さはもちろん負担も少なく、さらにより良い治療を受けることができるクリニックです。

またメディアージュクリニック名古屋院では、患者にとってストレスが一番容姿や美に影響すると考えています。そのためストレスコントロールも重要視しているのです。患者が心身ともにストレスがなくなる治療を提供することで、心の健康を取り戻せるよう尽力しているのも大きな特徴でしょう。

自身のコンプレックスが原因となるストレスは、想像以上に健康を脅かす存在としているので、まずはストレスを感じないようにするための治療も進めてくれるクリニックです。

メディアージュクリニック名古屋院の名医

河合 厚知院長

ファッションや美容に関しての興味は昔からあったという河合 厚知院長。そのため医学部に進んでからは将来の職業も、当然美容に関する医療に関わりたいと考えていたのです。当初は外科系の研修から始まり、麻酔科で勤務していた河合 厚知院長ですが、美容医療には麻酔の知識も豊富でなければならないため、培った知識や実績は今のクリニックでの施術にも活かされているのでしょう。

麻酔科勤務以降は、そのままメディアージュクリニックへと勤務することになり、より美容医療に近い立場で尽力するようになりました。そして施術やカウンセリングでも、結果として患者に満足してもらえた時はとてもやりがいを感じたそうです。また美容医療は医師の思いだけではなく、患者の満足感が一番重要となるため難しさもあると感じていますが、それでも納得してもらうための努力は惜しまないドクターです。

常にクリニックを綺麗にすることも意識し、スタッフも通いたいと思えるような環境を作ることにも力を入れています。

一般的な病気とは違う分野だからこそ、サービスなども含めてスタッフ全員で意識して患者に接し、最高の医療を提供し続けたいと考えているドクターなのです。

河合 厚知院長の経歴

  • 2003年 日本大学医学部医学科卒業
  • 2005年 日本大学医学部付属病院外科系研修
  • 2007年 市中総合病院麻酔科勤務
  • 2010年 メディアージュクリニック青山/代官山
  • 2012年 メディアージュクリニック代官山 院長
資格・所属学会
  • 日本麻酔学会認定医
  • サーマクール認定医
  • アラガン社公認 ボトックスビスタ注入認定医
  • アラガン社公認 ジュビダームビスタ注入認定医
  • 日本抗加齢医学会
  • 日本麻酔科学会

河合 厚知院長の名言

「昔からファッションや美容といった分野に興味があり職業としてもそういった方面での仕事を考えていたため、医学部に進学した時点で美容医療に携わるというビジョンがありました。
個々人によって美容医療に求めるものも幅広く様々ですが、カウンセリングや施術を通して最終的に満足してもらった時はやりがいを感じます。
反対に、美容医療においてはその満足感といったものがかなりキーポイントになるため、その部分での微妙な個人差を汲み取るのに苦労することは多々あります。

綺麗で清潔感があったり、患者さんのニーズにできるだけ答えることができるといったような部分は当然ですが、やはりそこで働いているスタッフが自分でも通い続けたいと思えるかどうかが一番大切ではないかと思います。

美容医療はいわゆる一般的な病気に対しての医療と違って、必要に迫られてすることは殆どないと思います。そういう意味ではかなりサービス業色の強い医療分野ですが、当院ではスタッフ全員その部分を重要視して医療を提供しています。」

美容医療の口コミ広場より抜粋:https://clinic.e-kuchikomi.info/detail/L_1101429/staff_detail/ST_1775

目のたるみ整形を受けた方の口コミ

綺麗になるのはお金がかかるけど
その分結果が出るとほんとにやってよかったと思います
こちらのクリニックで安心して委ねたいと思いました

美容医療の口コミ広場より抜粋:https://clinic.e-kuchikomi.info/detail/L_3020327/activity_detail/40113

たくさんの美容に特化したメニューがあるので、一度ホームページを見たり、気になるものは実際に先生に質問してみるといいかもしれません。丁寧に教えてくださいます。

美容医療の口コミ広場より抜粋:https://clinic.e-kuchikomi.info/detail/L_3020327/activity_detail/204585

メディアージュクリニック名古屋院のクリニック情報

住所 愛知県名古屋市中区栄3-7-13 コスモ栄ビル5F
アクセス 東山線・名城線「栄」駅 徒歩10分
名城線「矢場町」駅 徒歩10分
名鉄瀬戸線「栄町」駅 徒歩10分
開院時間 11:00-20:00
休診日 火曜日・水曜日
問い合わせ先 0120-960-518

参考サイト

※費用について
目の下のたるみ整形の平均的な費用は30~50万円と言われています。施術料金のほか、初診料や薬代がかかる場合もありますので、施術を受ける際は一度問い合わせてみることをおすすめします。

※ダウンタイム・副作用について
施術後は2~3日、腫れや内出血が出る可能性があります。施術方法や体質によって変動しますので、不安な点についてはクリニックへご相談ください。

痛み・腫れへの配慮として「細い針を使用している」「高周波orレーザーメスを使用している」、自然に仕上げる工夫として「座った状態で施術する」、このいずれかに当てはまるクリニックを名医の条件として、東京のクリニックをリサーチしました。