目の下のたるみ整形で気になる痛み・腫れ・自然な仕上がりへの配慮として、肌へのダメージが少ない「細い針」、出血と腫れを抑える「高周波orレーザーメス」、表情のバリエーションを確認しながら施術のデザインができる「座った状態での施術」、この3つのポイントに着目。東京にある美容クリニックを33院セレクトし、この3つのポイントいずれかに当てはまるクリニックを調査しました。その結果上記を満たす施術として「脱脂術+脂肪注入」を選び、施術料金が安い順に3院を並べています。※あくまでも施術料金の比較であり、クリニックの優劣をつけるものではありません。

【堺】リサクリニック

リサクリニックは、1人ひとりの立場に立ったトータルケアを提供しているクリニックです。美容診療の1つとして、目のたるみ整形を行っています。ここでは、目の下のたるみ整形の特徴やアフターフォロー、施術を受けた方の口コミ評判をまとめています。

リサクリニックの目の下のたるみ整形

リサクリニックのキャプチャ

引用元:リサクリニック
(https://www.risa-clinic.com/index.html)

メスを使わず体に負担の少ない目の下のたるみ整形が受けられるのが、リサクリニックの特長です。

ウルトラアイ

  • 費用の目安:25,000円

イントラセルというレーザー機器を使った治療法です。49本の極細針を目元の皮膚に挿入して、針先からRF(ラジオ波)を照射。症状の原因となっている真皮層へダイレクトに熱刺激を与えられるため、目元の小じわやクマ、たるみの改善が期待できます。

施術前には、麻酔クリームを塗布。目元ギリギリまで施術が行え、出力や挿入の深さも選べるので、症状に合わせて治療ができます。照射後は1週間ほど赤みが出ますが、メイクで隠せるくらいです。[※1]

リデンシティーⅠ・Ⅱ(ヒアルロン酸注入

  • 費用の目安:8,000~120,000円

8種類のアミノ酸、3種類の抗酸化物質、2種のミネラル、ビタミンB6が配合されたヒアルロン酸です。これらの成分を目元に注入することで肌の水分量が増え、目の下のくすみやシワに働きかけてくれます。

3週間ごとに3回を1クールとして受けると、さらに効果的とのこと。注入する薬剤の中に微量の麻酔成分が含まれているため、施術時の痛みに不安のある方でも安心して受けられます。ただし、針を刺した箇所が赤くなる場合があるようです。内出血となるケースも見られますが、時間の経過によって落ち着きます。[※1]

ベビーコラーゲン

  • 費用の目安:20,000~120,000円

ベビーコラーゲンとは、コラーゲンのなかでも臓器などに含まれ再生や肌の水分保持効果が高いⅢ型コラーゲンの別名です。Ⅲ型コラーゲンは25歳前後を機に著しく減少し、肌の弾力やハリが失われることでしわを生み出す原因にもなります。

リサクリニックのベビーコラーゲン治療では、体に最も多く存在するⅠ型コラーゲンをⅢ型コラーゲンと50:50の割合で配合し、肌に注入。Ⅲ型コラーゲンはコラーゲンの中でもアンチエイジング効果が最も高いと言われており、目尻のしわや目の下のクマの改善が期待できます。さらに、細い線状のコラーゲンなので目の周りのデリケート部分にもなじみやすく、凸凹ができにくいのも特徴。ダウンタイムの心配が少ない治療に取り組みたい方に向いています。[※1]

リサクリニックのアフターフォロー

リサクリニックのアフターフォローについては、公式サイトで確認できませんでした。

クリニックでは化粧水や美容液、パックといったコスメをオンラインショップで取り扱っています。商品は、クリニックに行かなくても購入可能。また、炭酸メソによる治療は、5回目の施術を無料で提供しています。最終施術から半年以内が有効期間です。

リサクリニックの特徴

一般的な美容診療や形成外科治療に加え、ホクロ・イボなどの保険治療を手がけているリサクリニック。医療の現場で形成外科医としての経験を積んだ医師が、クリニックを訪れる方の美容と健康をサポートしてくれます。

1人ひとりに適切な治療を行うため、カウンセリングに力を入れているのもポイント。クリニックの内装は、女性が快適に過ごせるよう、シックで落ち着いた雰囲気にまとめられています。

リサクリニックのドクター

岡田理紗医師

リサクリニックの院長である岡田医師は、2002年に大阪医科大学を卒業した後、同大学医学部の形成外科学教室に入室しました。2004年には浜口クリニック心斎橋の院長に就任し、2012年からリサクリックを開院。

日本形成外科学会と日本美容外科学会、日本皮膚科学会などに所属しています。女医ならではご視点から悩みや要望を丁寧に聞いて、1人ひとりに最適な治療を提供。極力メスを使わず、体に負担の少ない施術を行っています。[※2]

名医・岡田理紗院長の名言

リサクリニックの公式サイトやブログ、SNSなどから岡田理紗院長の名言をピックアップしてご紹介します。

「女医ならではの女性目線で、患者様一人ひとりの立場に立った身体の「外面」と「内面」のバランスを保ったトータルケアをご提供致します。
女性の大敵である、シミ・しわ・そばかす・たるみ、また肥満やムダ毛のお悩みなど、症状は人によって様々であり、適切治療を行うためにカウンセリングに重点を起き、患者様のご要望通りに導くご提案をさせて頂きます。極力メスで切らずに身体にも先進的にもやさしい施術を行います。些細な悩みでも、お気軽にご相談頂ければと願っております。」

リサクリニック公式サイトより抜粋:https://www.risa-clinic.com/index.html

「私はみんなにお肌に自信を持ってもらいたくて、そしてコンプレックスや悩みを少しでも軽減するお手伝いをしたくて色んな治療をさせてもらっています
そして患者さまから喜んでいただいた時が本当に幸せを感じる瞬間です」

美容皮膚科 RISAのプライベートブログより抜粋:https://ameblo.jp/risa-clinic/entry-11810542060.html

リサクリニックの口コミ

口コミはありませんでした。

リサクリニックのクリニック情報

住所 大阪府堺市堺区一条通17-28 梅井ビル3F・4F
アクセス 南海電気鉄道堺東駅西出口より徒歩6分
開院時間 月火水金9:30~18:30
木土10:00~16:00
休診日 日曜/祝日
問い合わせ先 072-225-1550

参照サイト

※費用について
目の下のたるみ整形の平均的な費用は30~50万円と言われています。施術料金のほか、初診料や薬代がかかる場合もありますので、施術を受ける際は一度問い合わせてみることをおすすめします。

※ダウンタイム・副作用について
施術後は2~3日、腫れや内出血が出る可能性があります。施術方法や体質によって変動しますので、不安な点についてはクリニックへご相談ください。

※2019年10月1日より消費税が10%に引き上げられたことを受け、各クリニックの施術料金が変更になっている場合があります。費用が税込みか税別かを含め、最新の情報はクリニックの公式サイトで確認の上、詳細不明の場合は直接クリニックにお問い合わせください。

痛み・腫れへの配慮として「細い針を使用している」「高周波orレーザーメスを使用している」、自然に仕上げる工夫として「座った状態で施術する」、このいずれかに当てはまるクリニックを名医の条件として、東京のクリニックをリサーチしました。