目の下のたるみ整形で気になる痛み・腫れ・自然な仕上がりへの配慮として、肌へのダメージが少ない「細い針」、出血と腫れを抑える「高周波orレーザーメス」、表情のバリエーションを確認しながら施術のデザインができる「座った状態での施術」、この3つのポイントに着目。東京にある美容クリニックを33院セレクトし、この3つのポイントいずれかに当てはまるクリニックを調査しました。その結果上記を満たす施術として「脱脂術+脂肪注入」を選び、施術料金が安い順に3院を並べています。※あくまでも施術料金の比較であり、クリニックの優劣をつけるものではありません。

【なかもず】吉田美容形成クリニック

このページでは、大阪堺市にある吉田美容形成クリニックを紹介。目のたるみ整形についての詳しい情報をまとめました。施術を行う医師についてもお伝えします。

吉田美容形成クリニックの目のたるみ整形

吉田美容形成クリニックのキャプチャ

引用元:吉田美容形成クリニック
(http://www.y-biyo.com/index.php)

吉田美容形成クリニックで行われている目の下のたるみ整形は、皮膚を引き上げる方法と脂肪を除去する方法の主に2種類。それぞれ詳しく解説します。

目の下たるみ取り

  • 費用の目安:280,000円

目の下のたるみ整形は、脂肪除去とセットで治療してもらうことも可能です。

治療では、たるみの大きさをマーカーしたあとで局所麻酔を打ち、施術をしていきます。たるんだ皮膚を引き上げて、余分な皮膚をカットしたのち縫い合わせてたるみを改善。脂肪除去をセットにしているときは、縫い合わせる前に脂肪を取り除くそうです。抜糸の必要はないので、施術後に通院する手間がかかりません。手術自体も1.5時間ほどと比較的短い時間で終わります。整形したことを周りに知られたくない方のために、片目ずつの施術にも対応。片目の施術をしたら傷がふさがるまで、周りには「ものもらいができた」と言っておくことができます。

手術当日から洗顔やシャンプー、ポイントメイクができますが、コンタクトは約1週間つけることはできません。腫れや内出血などを隠すのにも役立つので、メガネを1つ用意しておくといいでしょう。ダウンタイムはおおよそ2週間程度とされています。1ヵ月ほどの時間をかけて違和感は消えて行くそうです。[※1]

目の下脂肪取り

  • 費用の目安:200,000円

目の下のくまが気になる方向けの施術ですが、たるみの改善も行える治療です。下まぶたの裏(結膜)を1cmほど切開して、溜まった脂肪を除去します。皮膚のたるみが軽度なら、脂肪除去のみで若々しい目元になるでしょう。たるみ取りの施術とセットで行うことも可能です。

施術は点眼麻酔のあとに局所麻酔を打ち行われます。局所麻酔は少しチクッとするようですが、点眼麻酔が効いているので強い痛みではないでしょう。施術中は局所麻酔により、痛みは感じません。脂肪を除去したあとは、切開部分を縫合して完了です。施術にかかる時間は1時間程度となっています。

当日から洗顔やメイクは可能ですが、入浴は翌日以降が推奨されています。血流が良くなると内出血や腫れが出やすいからでしょう。コンタクトを使用している方は、1週間ほどは着用できないのでメガネを用意しておいてくださいね。

結膜を切開するため、白目部分に内出血が起こるケースがあるようです。ですが、腫れや内出血は約1~2週間ほどで収まります。長くても1ヵ月ほどで、違和感は落ち着くでしょう。[※2]

吉田美容形成クリニックの特徴

吉田美容形成クリニックでは、カウンセリングから手術、アフターケアまで経験豊富な院長自身が責任を持って行なっています。院長は日本形成外科学会専門医の資格を取得しており、30年ほどの経験に裏打ちされた知識や技術を元にしっかりとしたカウンセリングを行います。患者の持つどんな些細な疑問にも丁寧に対応し、ひとつひとつ疑問を解消してくれます。

また、患者にとって無理な治療は一切行わないのもこのクリニックの特徴です。治療に関するリスクや副作用、治療費用などを納得いくまで丁寧に説明してくれます。決して治療の質を落とすことなく、良心的な価格設定で施術を行なってくれる点も信頼できるポイントです。患者の立場に立ち、プライバシーにも配慮しながら個人情報を厳守して、誠実な治療を実践しています。

もちろん吉田美容形成クリニックには看護師やエステティシャンが在籍しており、一部の施術を行います。しかし治療から施術後のアフターフォローまで基本的に院長自身が行います。改善しない場合には手厚いフォロー体制が用意されており、場合によっては細部修正も実施していま。たるみ手術などは2割の料金で修正手術を受けることができるので安心です(初診のみ)。

吉田美容形成クリニックのポリシー

吉田美容形成クリニックのポリシーは主に4つあります。まずは美容整形の基礎となる形成外科専門医による確かな治療の提供です。専門的なバックグラウンドのある医師がいることにより、医学的にも間違いのない安心できる治療を提供できます。

2つめは、最初のカウンセングから手術、アフターケアまで同じ医師が担当する点です。常勤の医師が最初から最後まで対応し、患者との信頼関係を保ったまま治療を終えることができます。スタッフ任せにすることなく、責任を持った治療体制が確立しています。

3つめはカウンセリングや広告ではいいことだけでなくリスクも誠実に提示する点です。決してすぐに手術を勧めるのではなく、患者の立場に立って最善の治療法を案内します。

4つめは丁寧なカウンセリングを重視している点です。分かりにくい専門用語を使うのではなく、患者が理解できる言葉を使い納得いくまでとことん説明を行います。インフォームドコンセントを十分に行い患者の意思や希望に沿った治療を優先します。

吉田美容形成クリニックのドクター

吉田太医師

院長である吉田太医師は、佐賀医科大学を卒業後に昭和大学の形成外科へ入局。同時に美容外科学教室にて美容医療の知識をつけたそうです。

1990年に日本形成外科学会専門医の資格を取得し、2004年に吉田美容形成クリニックを開院しました。 クリニックを開院するまで、形成外科や美容外科などで経験を積んできたそうです。美容外科学教室ではあまり学べなかった光治療やレーザーについても、実務を通して身につけたと言います。幅広い診療メニューを1人でこなす技術を持った医師です。

吉田太院長の経歴

  • 1984年佐賀医科大学(現佐賀大学医学部)卒業、同大学耳鼻咽喉科勤務
  • 1986年 昭和大学病院形成外科・美容外科勤務、以後関連病院にて形成外科および美容外科の診療に携わる
  • 1990年 日本形成外科学会専門医取得
  • 1992年 清恵会病院(形成外科部長)勤務
  • 1996年 医学博士号取得
  • 2004年 清恵会病院退職後、吉田美容形成クリニック開業

資格・所属学会 

  • 日本形成外科学会元評議員
  • 日本形成外科学会(JSPRS専門医)
  • 日本美容外科学会(JSAPS正会員)

名医・吉田太院長の名言 

「当クリニックは、患者様に施術後満足していただける、患者サイドに立った懇切丁寧な治療を心がけています。」

吉田美容形成クリニックHPより抜粋:https://y-biyo.com/message/

「変わろうとするあなたを本気で応援したい」

吉田美容形成クリニックHPより抜粋:https://y-biyo.com/message/

「私が全ての治療を担当します」

吉田美容形成クリニックHPより抜粋:https://y-biyo.com/message/

吉田美容形成クリニックの口コミ

口コミは見つかりませんでした。

吉田美容形成クリニックのクリニック情報

住所 大阪府堺市北区中百舌鳥町2-40-1 VAなかもずビル3F
アクセス 泉北高速鉄道/南海電気鉄道「中百舌鳥駅」東・西出口より徒歩3分
大阪市営御堂筋線「なかもず駅」8出口より徒歩3分 開院時間
開院時間 10:00~17:00
休診日 火曜/日曜/祝日
問い合わせ先 072-254-0783

参考サイト

※費用について
目の下のたるみ整形の平均的な費用は30~50万円と言われています。施術料金のほか、初診料や薬代がかかる場合もありますので、施術を受ける際は一度問い合わせてみることをおすすめします。

※ダウンタイム・副作用について
施術後は2~3日、腫れや内出血が出る可能性があります。施術方法や体質によって変動しますので、不安な点についてはクリニックへご相談ください。

『※2019年10月1日より消費税が10%に引き上げられたことを受け、各クリニックの施術料金が変更になっている場合があります。費用が税込みか税別かを含め、最新の情報はクリニックの公式サイトで確認の上、詳細不明の場合は直接クリニックにお問い合わせください。』

痛み・腫れへの配慮として「細い針を使用している」「高周波orレーザーメスを使用している」、自然に仕上げる工夫として「座った状態で施術する」、このいずれかに当てはまるクリニックを名医の条件として、東京のクリニックをリサーチしました。