目の下のたるみ整形で気になる痛み・腫れ・自然な仕上がりへの配慮として、肌へのダメージが少ない「細い針」、出血と腫れを抑える「高周波orレーザーメス」、表情のバリエーションを確認しながら施術のデザインができる「座った状態での施術」、この3つのポイントに着目。東京にある美容クリニックを33院セレクトし、この3つのポイントいずれかに当てはまるクリニックを調査しました。その結果上記を満たす施術として「脱脂術+脂肪注入」を選び、施術料金が安い順に3院を並べています。※あくまでも施術料金の比較であり、クリニックの優劣をつけるものではありません。

【脂肪注入】名医のアドバイスをピックアップ

脂肪注入は、目の下のたるみやクマ、しわを改善してエイジレスな姿へと導いてくれる美容メニューです。身体に入れる部分に応じて、さまざまな美容効果が得られます。また、自分の脂肪を注入するため、術後の腫れや痛みも少ないと人気。

気軽に受けられる美容メニューのひとつです。しかし、脂肪注入にもリスクや副作用はあるものです。脂肪注入のリスクや、術後の不安に対する医師のアドバイスをまとめました。

※このサイトでは、痛み・腫れ・自然な仕上がりに力を入れているドクターを名医と定義しております。

脂肪注入に関する名医のアドバイス

脂肪注入に関するアドバイス

目の下はとても繊細な部位なため、脂肪注入をするのにも特に技術のいる部位になります。通常ヒアルロン酸を注入するクリニックが多いですが、当院では、ご自身の脂肪を注入することを、 ①自分自身の脂肪のため安全性に優れている ②ヒアルロン酸よりも効果のもちが長い という点でお勧め致します。 採取した脂肪をそのまま注入するのではなく、より生着率を高くするために遠心分離機で生きた脂肪細胞だけを分離・濃縮させたものや、更に生着率をあげるためにピュアグラフト法という、より純度が高く濃縮された方法で脂肪を処理したものを注入していきます。注入時には細かな部位までこだわった注入で、表情による変化にも合わせた注入術で綺麗に仕上げます。 (中略) 目の下の脂肪注入はなるべく目立たない部位から脂肪を抽出し目の下のくぼみやへこみに再注入する方法で、当院では、注入する脂肪は目の下のたるみから採取した眼窩脂肪のみの使用が基本です。ただし、眼窩脂肪が足りない場合のみ、お腹や大腿などの脂肪を使用することもあります。

セオリークリニック公式ホームページより抜粋:https://theory-kumatarumi.com/treatment/injection.html

編集部のひと言

セオリークリニックの筒井裕介医師は、脂肪注入を選ぶ時に知っておきたいメリットを2つあげて紹介しています。また、実際に目の下のクマを改善する際には、脂肪注入だけでなく、脱脂術も同時に行うことをおすすめしています。

不要な脂肪(眼窩脂肪)を減らしてから脂肪注入をすることで、クマやたるみのない健康的な目元へと導いてくれることでしょう。

また、より長い期間その状態を保つため「ピュアグラフト法」で選び抜いた純度の高い脂肪を注入する方法を採用。傷跡が目立たないように目立たない部位から脂肪を採取するなどの工夫も重ねています。

筒井裕介医師の脂肪注入に関するアドバイス

今回も目の下のクマの手術についてと目の上のくぼみの改善治療です では今回のモニターさんは40代の女性です。 診察では 1、黒クマ 2、目の上がくぼんでいる 3、頬が大きく見えるタイプ この3点に着目しつつ手術を行っています。 では写真です。 施術前 目の下には黒クマが目立っています。 また目の上のくぼみも目立っているため 目の上から下にかけて一周ぐるっと くぼんで見えてしまうタイプです。 このタイプは目の下のクマだけの人に比べて 格段に老けて見えたり疲れて見えたりしてしまいます。 手術後3ヶ月 目の上のくぼみが改善し目の下のクマも改善したので 目の周囲に一周ぐるっとくぼんで見えていた感じが 改善したのがわかります。 ここで大事なのは目の下の脱脂を行うと目の上のくぼみは 悪化するということです。 目の下と目の上の眼窩脂肪は裏側でつながっているため 目の下の脱脂を行うだけで目の上の眼窩脂肪は下にスライドして くぼんでしまうのです。 そのため元々目の上がくぼんでいるような方の場合 目の上にも脂肪注入を行い、くぼまないようにさらには よりふっくらした若々しい状態に戻すことを 同時に行うのを推奨しています。

セオリークリニック筒井裕介医師のAmebaブログより抜粋:https://ameblo.jp/yusuke1117/entry-12477636957.html

編集部のひと言

目の下のたるみやクマ治療は、脂肪を注入する位置や量を調整する必要があります。セオリークリニックの筒井裕介医師は、その人自身の美を作りだすことを大切にしており、ブログや公式ホームページで、手術の実例を紹介しています。

美容メニューを提案する時には、気になる目元の状態だけでなく、顔立ちや骨格からその人自身にあったオーダーメイドの手術メニューを提案。この場合には、ただ脂肪注入だけでなく、余分な脂肪を取り除いた上で、目の下に脂肪を注入します。顔の筋肉や脂肪のつき方までを考え、複数の手術を組み合わせるのがポイント。一人ひとりにあったオーダーメイドの治療を心がけ、目の周りの美容メニューを得意としている筒井医師の実力がうかがえますね。

筒井裕介医師の情報

セオリークリニックの院長である筒井裕介医師は、目の周りの手術を得意とするドクターです。他のクリニックで行った箇所の再手術やリメイクも受け付けており、診断した上でオーダーメイドの治療を提供しています。

脂肪注入は、注入した脂肪の一部が吸収されてしまうため、注入する量を多くするのが一般的です。ですが、セオリークリニックでは、はじめからただ脂肪を多めに入れるのではなく、脂肪注入に適切な量と位置に注入にこだわっています。また注入した脂肪が肌になじむのは1年後。脂肪のボリュームが足りない時には、状態に合わせて脂肪注入を行ってくれます。脂肪が減ってしまったこと以外のトラブルにも対応しているのだそうです。

能登谷翔医師の脂肪注入に関するアドバイス

Q:こんにちは。 わたしは生まれつき目の下が窪んでいます。 (膨らみはありません) 骨格の問題なのか、脂肪が少ないのか原因はわからないのですが、クマが常にあり、特に笑うと線になって目立ちます。 治療したいと思って治療方法を調べていたのですが、PRPは生まれつきのクマにも有効ですか? また他にも脂肪注入なども考えているのですが、どちらがいいのでしょうか、、。 失敗してしこりができるリスクや持続期間、一生治療を受け続けないと元より悪くなるか、なども知りたいです。 宜しくお願い致します。
A. 恵比寿美容クリニックの能登谷です。 (中略) 生まれつきくぼんでいるとのことなので、おそらくは骨格や筋肉、脂肪の付き方などなみさんのお顔立ちによるものかと思います。ですので、PRPでも脂肪注入でも、かりにヒアルロン酸でもくぼみさえ埋まればクマ自体は目立ちにくくなると思います。 そういう意味では、生まれつきのものに関してもPRPでも脂肪注入でも有効だと思います。どちらがよいか一概に比べることは難しいです。 どちらも自分の細胞由来の再生を促進させる物質を注入することでくぼみや肌を改善するものになります。それに加えて、脂肪注入は注入した脂肪自体が多少残ることでもくぼみの改善につながります。効果だけであれば、脂肪注入の方が期待できるように思われます。 しかしリスクに関して考えるとPRPの方が低いように感じます。そのため、一概にどちらがいいか判断するのは難しいです。 なみさんが気にされているしこりができるリスクや、持続期間に関してですが、様々でこちらも一概には言えません。しこりになってしまった場合は、多くはそのままになってしまいます。改善後の持続期間はPRP、脂肪注入とも落ち着いた後であればそのまま維持できると思います。ただ、脂肪注入は注入後かなりの脂肪が吸収されてしまうので直後から比べると減ったように感じるかもしれません。加えて、加齢による悪化はあります。 一度クリニック等で相談してみることをお勧めします。 (後略)

美容の口コミ広場より抜粋:https://clinic.e-kuchikomi.info/memoto/G_3004006/effect/dr_qa/18990

編集部のひと言

美容の口コミ広場に、目の下のくぼみに悩んでいる人の相談が寄せられていました。目元は顔のパーツの中でも特に目立つ部分です。相談者は「脂肪吸引」をはじめとして、さまざまな美容メニューを考えている様子。

対する医師は、目元をすっきりと見せる美容メニューは豊富に用意されていることを紹介しています。

脂肪注入は、注入した脂肪のうち何割かは体内に吸収されてしまうので注意が必要という点をまとめました。

能登谷翔医師の情報

恵比寿美容クリニックの院長である能登谷翔医師。日本形成外科学会・日本整形外科学会会員に所属しています。

真摯にクリニックに来た人と向き合いながら、美しくなるためのサポートを行っているのだそうです。その人のためを思い、YesだけではなくNoという回答も出せる医師を目指し、日々クリニックに来た方と向き合っています。

脂肪注入に関するアドバイス

52歳女性。目の下のクマにお悩みで来院されました。目の下のクマやたるみ、目尻のシワなどの繊細な部位にはマイクロCRFの注入が最適です。採取した脂肪から不純物を取り除き、良質で微細な脂肪細胞のみを使用しているため、なめらかで伸びがよく、目の下への注入も違和感のない自然な仕上がりが期待できます。 脂肪幹細胞も豊富に含まれているため、肌質の改善にも有効です。術後は目の下のクマとシワが改善され、ハリのある若々しい仕上がりになりました。

THE CLINIC公式ホームページより抜粋:https://www.theclinic.jp/case/no695/

編集部のひと言

THE CLINIC脂肪注入を実際に行った事例について紹介しています。THE CLINICは、脂肪注入に力を入れているクリニックのひとつ。脂肪に不純物が含まれている、注入した部位になじむことができず、しこりになる可能性が高くなってしまいます。

そのため、脂肪をオリジナル技術で厳選した「マイクロCRF(コンデスリッチファット)」による施術を実施。注入した脂肪が目の下のたるみやくぼみ部分になじむことで、ふっくらとした目元になることでしょう。

大橋昌敬医師の情報

THE CLINIC東京院と福岡院につとめている大橋昌敬医師。脂肪注入に関する論文を執筆していることから、脂肪注入に高い関心を寄せていることが分かります。

クリニックのスタッフからは、気さくで柔らかい物腰が印象的な先生だと評判。無料のメール相談やカウンセリング時の対応で、指名する人も多いのだそうです。

【総評】脂肪注入のアドバイスで感じたこと

脂肪注入は、年齢を感じさせる目の下にあるしわやくぼみに、脂肪を注入することで、ふっくらとした目元を作り出せる施術です。

目元は、顔のパーツの中でも特に目立つ部分でもあるため、術後の仕上がりは医師の注入技術に左右されるもの。ただ注入するだけでなく、注入部位や角度に気を配る必要があるため、高い技術が求められます。

さらに、脂肪の定着率は一般的に70%ほど。ある一定量が体に吸収されてしまうため、注入したら終わりではありません。脂肪注入を行う際には、吸収されてしまう脂肪の量も計算した上で、注入量の調整を行う必要があります。

クリニックを選ぶ際には、そういった点をしっかりと説明してくれるかもチェックしておくと◎。メリットだけでなく、リスクや術後のイメージまできちんと提示した上で、理想の仕上がりをプロデュースしてくれる「名医」を探しましょう。当サイトでリサーチした結果、名医で絞り込んだクリニック5選も紹介しています。気になる方は下記よりどうぞ。

名医で選んだ東京のクリニック5選をチェックする

痛み・腫れへの配慮として「細い針を使用している」「高周波orレーザーメスを使用している」、自然に仕上げる工夫として「座った状態で施術する」、このいずれかに当てはまるクリニックを名医の条件として、東京のクリニックをリサーチしました。