悩み解消!目のたるみ整形ならこのクリニック

目のたるみ整形で評判の美容外科ランキング【東京版】

HOME » 目の下のたるみやくまを解消する整形方法とは

目の下のたるみやくまを解消する整形方法とは

このカテゴリでは、目の下のたるみやクマを解消する整形法をまとめて紹介しています。

目の下はもっとも早く加齢による影響が出てくる部位と言われています。
そのため、下まぶたにたるみやクマがあると実年齢以上に老けた印象に見られたり、疲れて見られたり。
私たち女性にとっては悩みの種ですよね。
最近では、リフトアップが期待できる化粧品が出回っていますが、やはり化粧品だけでは限界を感じている人も多いのではないでしょうか。

そこで、これらの目の下のたるみやクマを取るためのさまざまな治療法をピックアップ。
「まずは手軽にたるみ除去を体験してみたい」という人のために、メスを使わない治療法から、
「永久的にたるみやクマをなくしたい」という人のために切開による整形法まで紹介します。

 

切らない治療のメリット・デメリット

メスを使わない目の下のたるみ手術としては、ヒアルロン酸注入や、「サーマクールアイ」や「タイタン」といったレーザーを照射させる方法、
目の表面の皮膚を切らず、裏側から脂肪を除去する脂肪除去法、血小板を血液中から取り出しクマの部分に注入するPRP療法などがあります。

これらはメスを使わないので傷痕が残りにくく、ダウンタイムもないので手術当日から普通の生活ができます。
反面、治療効果は切開手術には及ばないため繰り返し治療が必要な場合がほとんどです。

 

外科的手術のメリット・デメリット

外科的手術、つまりメスを使った切開手術は外科的治療によりたるみやクマを改善することで10歳以上の若返り効果が期待できます。
治療の満足度が高く、切開した部分も完治すればほとんど分からない状態になります。さらに、治療の効果はほぼ一生続くというメリットがあります。

しかし、切開手術の場合、医師による技量によって仕上がりが左右されるため、なかには「左右の目が非対称になってしまった」という失敗例も。
腕の良いクリニック・ドクター選びが重要になってきます。

 

最小限のリスクで目のたるみ整形を成功させるクリニックを厳選!BEST5を発表

 

 

目の下のたるみやくまを解消する整形方法とは

注目の施術で目のたるみ整形をした方々の声

目のたるみ取り整形を得意とするクリニック一覧