目の下のたるみ整形で気になる痛み・腫れ・自然な仕上がりへの配慮として、肌へのダメージが少ない「細い針」、出血と腫れを抑える「高周波orレーザーメス」、表情のバリエーションを確認しながら施術のデザインができる「座った状態での施術」、この3つのポイントに着目。東京にある美容クリニックを33院セレクトし、この3つのポイントいずれかに当てはまるクリニックを調査しました。その結果上記を満たす施術として「脱脂術+脂肪注入」を選び、施術料金が安い順に3院を並べています。※あくまでも施術料金の比較であり、クリニックの優劣をつけるものではありません。

ハムラ法など切開する手術

切開を伴う目の下のたるみ取りやクマの整形法として、ハムラ法、皮弁法などの手術法と費用の相場などについて調べてみました。

切開手術による目の下のたるみ治療

下まぶたを切開する下瞼切開はたるみ手術の中では本格的な整形法だと言えます。皮膚のたるみ自体を取り除く方法なので、深いたるみが気になり始める40代以降の方が多く治療を受けているようです。

下瞼切開には主に3つの方法があります。

  • ハムラ法…眼窩脂肪の突出による下まぶたのふくらみとくぼみがある場合に行われる
  • 筋皮弁法…皮膚だけでなく眼輪筋のたるみが加わっている場合に行われる
  • 皮弁法…皮膚のしわが主でふくらみが目立たない場合に行われる

いずれにしても、皮膚を切除するので脂肪除去や脂肪注入よりはダウンタイムが長く、数日間はむくみや痛み、内出血が出ることもあります。強い腫れは1週間程度で引きますが、ダウンタイム期間は個人差により異なるので長めに取ることをオススメします。

また、切開法は皮膚の脂肪を取りすぎてしまうことで眼輪筋を切除し過ぎてしまったり、ゴルゴ線が目立ってしまったりという失敗例もあるため、実績があり、口コミなどで評判の良いクリニックを選ぶことが重要です。良い結果を得るには、学会研究などを行っている名医を選ぶのが賢明です。

最小限のリスクで目のたるみ整形を成功させるクリニックを厳選!
5選を発表

徹底比較!目の下の切開法

目の下を切開してたるみ・くまを改善する施術には、さまざまな方法があります。それぞれどのような特徴があるのか紹介します。

  料金[※1] 施術時間 ダウンタイム 入浴・メイク
ハムラ法 328,000~648,000円 1~2時間 1カ月 入浴:患部以外当日OK
メイク:5~7日後
筋皮弁法 216,000~540,000円 1~2時間 1カ月 入浴:3~4日後
メイク:5~7日後
皮弁法 270,000~350,000円 1~2時間 1カ月 入浴:3~4日後
メイク:5~7日後

施術にかかる時間やダウンタイムなどに大きな違いはありませんが、料金が異なります。掲載した料金は、それぞれ5つのクリニックをランダムに調査したもの。

脱脂をしない皮弁法が安い傾向にあるようです。

施術の手順

クリニックによって手順は異なりますが、ここでは一例を紹介します。

  • 下まぶたの切開線と、皮膚を剥がす位置をマーキングします。
  • 下まぶたに局所麻酔をします。痛みが苦手な方や手術に恐怖感のある方は、静脈麻酔で眠ったような状態で手術をします。
  • 手術をします。
  • 術後は医師の説明を受けて、帰宅します。必要に応じて痛み止めや塗り薬を処方されます。

参考サイト

※費用について
目の下のたるみ整形の平均的な費用は30~50万円と言われています。施術料金のほか、初診料や薬代がかかる場合もありますので、施術を受ける際は一度問い合わせてみることをおすすめします。

※ダウンタイム・副作用について
施術後は2~3日、腫れや内出血が出る可能性があります。施術方法や体質によって変動しますので、不安な点についてはクリニックへご相談ください。

痛み・腫れへの配慮として「細い針を使用している」「高周波orレーザーメスを使用している」、自然に仕上げる工夫として「座った状態で施術する」、このいずれかに当てはまるクリニックを名医の条件として、東京のクリニックをリサーチしました。