悩み解消!目のたるみ整形ならこのクリニック

目のたるみ整形で評判の美容外科ランキング【東京版】

第一位

SOグレイスクリニック

SOグレイスクリニック
5年間で5,000件以上の治療を手がける「目の下のたるみの名医」。独自の整形治療は、加齢による頬や目のたるみ・クマ・シワを一気に解決できる画期的な手法!

クリニックの詳細はこちら

第二位

銀座CUVOクリニック

銀座CUVOクリニック
予約が3ヶ月待ちと言われるほど目のたるみ治療が人気。まぶたの裏側からレーザーを照射して余分な脂肪を除去するオリジナルの整形治療でリフトアップ。

クリニックの詳細はこちら

第三位

聖心美容外科

聖心美容外科
大手美容外科。全国に先駆けて導入したPRP皮膚再生療法で目のたるみを解消。成分の配合比率・注入量・注入テクニックなど独自の聖心メソッドを確立。

クリニックの詳細はこちら

HOME » 目の下のたるみやくまを解消する整形方法とは » 切開手術

切開手術

切開を伴う目のたるみやクマの整形法として、下瞼切開法の方法や口コミなどをまとめています。

 

切開手術による目の下のたるみ治療

下まぶたを切開する下瞼切開方はたるみ手術の中では本格的な整形法だと言えます。
皮膚のたるみ自体を取り除く方法なので、深いたるみが気になり始める40代以降の方が多く治療を受けているようです。

下瞼切開には3つの方法があります。

  • 皮弁法…皮膚のしわが主でたるみが目立たない場合に行われる
  • 筋皮弁法…皮膚だけでなく眼輪筋のたるみが加わっている場合に行われる
  • ハムラー法…眼窩脂肪の突出による下まぶたの骨腺部の凹みが目立つ場合に行われる

いずれにしても、皮膚を切除するので脂肪除去や脂肪注入よりはダウンタイムが長く、数日間はむくみや痛み、内出血が出ることもあります。
強い腫れは1週間程度で引きますが、ダウンタイム期間は個人差により異なるので長めに取ることをオススメします。

また、切開法は皮膚の脂肪を取りすぎてしまうことで眼輪筋を切除し過ぎてしまったり、ゴルゴ線が目立ってしまったりという失敗例もあるため、
実績があり、口コミなどで評判の良いクリニック選びが重要です。確実に良い結果を得るには学会研究などを行っている名医を選ぶのが賢明です。

 

施術の手順と費用

下まつげの際1mmほどのラインを切開し、たるみの原因となっている皮膚や筋肉をななめ上方に引き上げる手術です。
この時に脂肪があれば同時に脱脂することも。熟練した医師が行えば手術の中でも最も傷痕の心配ない手術と言われています。

★治療費用の目安

  • 下瞼切開法…約400,000円
  • 下瞼切開法+脱脂…約500,000円
  • ハムラー法…約500,000円
 

最小限のリスクで目のたるみ整形を成功させるクリニックを厳選!BEST5を発表

 

目の下のたるみを解消でき方の口コミ(切開手術)

ハムラー法を7か月前に受けました。結果的に手術は大成功。傷痕や外反は3ヶ月過ぎまでうっすら残りましたが、メイクで隠せる程度です。
ハムラー法ではクマの再発がほぼ無いと聞いているので、あとは細かいシワができないように正しい生活習慣を心がけたいです。(52歳女性)

 

今までヒアルロン酸を入れていましたが目の下の皮膚が柔らかく目の下が凸凹してしまうので思い切って手術を決意しました。
手術は筋肉がやけどするような痛さで正直疲れてしまいました。
手術翌日から10日間ほどは腫れもひどく、抗生物質やかゆみ止め、炎症止めなどを飲んで過ごしましたが、1ヶ月弱で効果があらわれるように。
確かにたるみが良くなっていて驚きました。(42歳女性)

 

手術については詳しく教えていただいたのでダウンタイムの長さは覚悟していましたが、やはり辛かったです。でも、その分効果はバッチリ!
今までヒアルロン酸、レーザー治療など色々試してきましたが、その場しのぎではなく永久的に効果を実感できるのはやはり心強いです。
切開手術は失敗例も多くあるので、腕の良いドクターを探せるかに尽きると思います。(54歳女性)

 

 

目の下のたるみやくまを解消する整形方法とは

注目の施術で目のたるみ整形をした方々の声

目のたるみ取り整形を得意とするクリニック一覧